top of page

在留資格について③

資格外活動許可書の発行が始まります


オンライン申請で「家族滞在」への変更や期間更新の申請と資格外活動許可の申請を同時に行い、その審査完了通知を経て許可が出たときは、入管の窓口でパスポートに認証シール(約3cm四方の大きさ)を貼ってもらう必要があります。入管との郵送でのやり取りは、在留カードはよいのですが、パスポートは認められていません。なので新しい在留カードの交付を受けるだけであれば郵送で受け取ることができるのですが、資格外活動がある場合は入管窓口に行くことが必須でした。


ところが、2024年1月から、この運用がグッと改善されるようです。


パスポートに認証シールを貼る替わりに『資格外活動許可書』というものが発行され、郵送で新しい在留カードと共に受け取ることができるようになるようです。


実は2023年11月に入管からのアンケートがあり、資格外活動許可を同時に申請したときの運用改善を強く要望したところでした。まさかこんなにも早く改善されるとは。


このアンケートはおよそ年1回程度行われていますので、今後もいろんな意見を出していきたいと思います。

 

オンライン申請ネタ もう一つ


「技術・人文知識・国際業務」の単純更新のご依頼を受け、必要書類がそろったのでオンライン申請に取り掛かりました。

しかし、在留カード番号を打ち込んでもエラーになってしまうというトラブルが発生。何回見直ししても間違っていないし、何回やってもダメ。

もしかしたら在留カードの写真をもらった後、紛失により再発行されたのかな、と。

で、ご本人に電話で状況を話したところ、なんとご本人は海外旅行中ということが分かりました。この電話の翌日に日本に戻られたため、無事にオンライン申請が完了しました。


在留資格オンライン申請、ユーザインターフェイスはいまいちですが、裏でいろんな仕組みが動いているようですね。




Комментарии


bottom of page